【展覧会】可愛くて、ちょっぴりダークな不思議な世界。近未来(コンドウミク)の個展が中野で開催


近 未来(コンドウ ミク)さんの個展「Alice in teeny slumber ~アリスのうたた寝~」が中野ブロードウェイ4Fにあるギャラリー リトルハイで2019年11月1日(金)~11月11日(月)(11月6日水曜休廊・12:00~19:00(最終日は17:00まで))の期間で開催されます。

 

展覧会概要

創作人形作家・近未来の作品はそのどれもがとても可愛く幻想的な雰囲気で、人形たちのキュートな表情を見ていると誰もが癒されていきます。
そしてその人形を何度も見ているうちに、その可愛さの中にちょっぴりの毒とちょっぴりのグロが垣間見えてくることに気が付きます。それはまるで「不思議の国のアリス」のように可愛い系のファンタジーだった物語を読み進めていくといつの間にかちょっぴり妖しいダークな世界の魅力に引き込まれていくようです。
アリスに出てくるキャラクターをモチーフにした作品「牡蠣の子」は、本物の牡蠣殻に入っており、つるん・ぷるんとした触感を感じられるような身体と眠っているような可愛らしい表情の中に不思議な妖しさがある、とても人気のある作品です。
今回個展ではその牡蠣殻を使った代表作を中心に不思議で可愛い作品約30点が展示販売されます。
とてもキュートで可愛くて、ちょっぴり毒可愛くてグロ可愛い不思議な人形達にぜひ会いに来て下さい!
 

展覧会 DM






展覧会 出品作品






近未来のプロフィール

大分県出身
高校在学中より独学で人形を作り始め、のちに上京し四谷シモンに師事。
現在は埼玉の山の麓で球体関節人形、貝殻や刺繍を組み込んだオブジェ作品などを制作。
その独特の世界観の創作人形で人気を博している。
 

Alice in teeny slumber ~アリスのうたた寝~

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

幻想的な標本アートの世界。江本創の個展が銀座の青木画廊で1/23から開催... 著書「幻獣標本箱」「幻獣標本博物記」「幻獣標本採集誌」などで知られる江本創(えもとはじめ)の個展「江本創展~妖(あやかし)の森に棲む~」が銀座の青木画廊で開催されます。 著書を見たことがある人なら分かると思いますが、不気味な造形ではあるものちょっとユーモラスな所もあり、見応えある作品集。まるで...
「縄文」をモチーフにした松山賢の個展 「縄文怪人土偶怪獣」が新宿髙島屋で開催... アーティスト松山賢の個展「縄文怪人土偶怪獣」が、6月7日(水)〜19日(月)の期間に新宿髙島屋10階美術画廊で開催されます。 「縄文怪人土偶怪獣」と題した本展では、松山賢が日本人の根源的美術表現としての「縄文」をテーマに制作した油彩・アクリルの平面作品に加え、野焼きによる立体作品まで近・新作が...
線による立体。徳持耕一郎の個展「線が奏でるJAZZ ~鉄筋彫刻の世界~」... ギャラリーリトルハイで徳持耕一郎の個展「徳持耕一郎 個展 線が奏でるJAZZ ~鉄筋彫刻の世界~」が2017年3月10日(金)~3月21日(火)の期間に開催されます。 今回の個展「徳持耕一郎 個展 線が奏でるJAZZ ~鉄筋彫刻の世界~」ではこの鉄筋彫刻の他にも銅版画や毛糸、針金など様々な素材...
【見逃せない】この2人が!!宇野亞喜良と山本タカトがコラボした展覧会が東京、金沢で開催... 日本を代表すると言っても過言ではなく2人のイラストレーター宇野亞喜良(1934年生まれ)と山本タカト(1960年)の展覧会「二人展 宇野亞喜良×山本タカト『天守物語』」が開催されます。 本展では、1917年に発表された泉鏡花の戯曲「天守物語」をモチーフにした展覧会で、宇野亞喜良と山本タカトの挿...
月岡芳年、歌川国芳など。「戦争」をテーマとした浮世絵の展覧会が太田記念美術館で7/1から... 太平洋戦争が終結してから70年の節目にあたる今年に戦争をテーマとした浮世絵の展覧会「浮世絵の戦争画 -国芳・芳年・清親」が2015/7/1(水 )~7/26(日)の期間に渋谷区神宮前にある太田記念美術館で開催されます。 「戦後70年。浮世絵は戦争をどのように描いていたか。」ということにスポット...
【100点以上展示】中野にあるギャラリー リトルハイで鉱物アート・時計荘個展「いつか見た石の夢」が開... 2020年3月20日より開催予定でありました以下のアート個展につきまして、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症拡大防止のため、お客様をはじめとした関係各位の安全を考慮し中止・延期を決定致しました。 【開催を中止・延期する個展】 個展タイトル 鉱物アート・時計荘...
     

SNSで更新情報を配信中!!