【展覧会】上村松園の代表作「序の舞」ほか、上村松園・上村松篁の母子2代の名作を一挙公開


近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、2019年10月26日(土)から11月24日(日)まで、開館25周年を記念し、特別展「上村 松園」「上村 松篁」「『日本画の心』展 ~真善美を求めて~」を開催します。

松伯美術館は1994年(平成6年)に、上村家からの作品寄贈と近畿日本鉄道株式会社(現 近鉄グループホールディングス株式会社)からの基金出捐により開館しました。以来、松園・松篁・淳之の上村家3代の画業を紹介する展覧会をはじめ、日本画の普及・発展を企図した「公募展」の開催など、25年間にわたり多彩な活動を続けて参りました。今回は記念の特別展として、松園・松篁の母子2代の名作(約40点)を一堂に集めた展覧会を開催します。

日常を丁寧に美しく生きる市井の女性を愛おしみ、その生き様を「美人画」に託した上村松園。その子で、様々な生き物たちと真摯に向き合い、自然との共生という慈愛に満ちた世界観を「花鳥画」として描いた上村松篁。この親子2人は描く対象を異にしながらも、共に「真善美」を求め、格調高く清らかな芸術世界を追求し表現し続けて来ました。

本展では、こうした2人の画業を振り返り、修理後はじめての外部展示となる松園の「序の舞」([重要文化財]東京藝術大学蔵)や「雪月花」(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、「待月」(京都市美術館蔵)、松篁の「星五位」(東京国立近代美術館蔵)、「丹頂」(松伯美術館蔵)など、2人の代表作約40点を一堂に展観します。

関連の記事はこちら

【1】美人画の名手。日本画家・志村立美の描く艶やかな美女たち
【2】竹内栖鳳が極めた美。近代日本画を代表する京都の画家
【3】曽我蕭白の奇想世界。卓説した技術と強烈なインパクトで魅せる無頼の絵師
【4】菱田春草の日本画。美しい日本の自然を描いた天才画家
【5】田中一村の独特の花鳥画。奄美大島に魅了された孤高の画家






上村松園「序の舞」[重要文化財] 東京藝術大学蔵

上村松園

上村松園「鼓の音」

上村松園

1. 名  称   特別展「上村松園・上村松篁『日本画の心』展 ~真善美を求めて~」
2. 開催期間   2019年10月26日(土)~11月24日(日) ※会期中 無休で開館します
3. 主  催   公益財団法人 松伯美術館、読売新聞社
4. 後  援   NHK奈良放送局
5. 開館時間   午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
6. 入 館 料   大人(高校生・大学生を含む):1200円、 小学生・中学生:600円
* 20名以上は団体割引1割引
* 障がい者手帳のご提示によりご本人と同伴者1名まで2割引
7. 展示作品数  約40点(素描、下絵を含む)
8. 主な展示作品

●上村松園「序の舞」[重要文化財] 東京藝術大学蔵、
「雪月花」宮内庁三の丸尚蔵館蔵、「待月」京都市美術館蔵、
「鼓の音」当館蔵、「月と花」個人像(※新発見につき初公開) ほか
●上村松篁「星五位」東京国立近代美術館蔵、
「立葵」京都市立芸術大学芸術資料館蔵、「樹下幽禽」日本芸術院蔵、
「山鹿」京都市美術館蔵、「丹頂」当館蔵 ほか
* 出品作品は、都合により変更する場合があります。

☆館長 上村淳之による『美術講演会』の開催 
※事前申込制(申込多数の場合は抽選)
  日時:10月31日(木)、11月4日(月・休)、11月13日(水) 
※いずれも14時~15時
  場所:松伯美術館 講義室
  定員:各会50名まで(最少開催人員10名)
  申込方法:「往復はがき」に次の事項を記入の上、申込み下さい。
 ◆「美術講演会 参加希望」と朱書き
 ◆希望の参加日(第1希望日、第2希望日まで)
 ◆ご自身の「住所」「氏名」「電話番号」
「参加人数(本人と同伴者1名、計2名まで)」 
  ※同伴者がある場合は、その方の氏名
  申込先:松伯美術館 講演会係
〒631-0004 奈良市登美ヶ丘2-1-4  電話:0742-41-6666
  申込締切:10月18日(金) 消印有効  
※聴講無料、但し入館料が必要です






もっと知りたい上村松園―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

上村松園画集

上村松園画集
青幻舎
売り上げランキング: 402,524

上村松園画集: (世界の名画シリーズ)

上村松園画集: (世界の名画シリーズ)
楽しく読む名作出版会 (2016-03-18)
売り上げランキング: 18,645

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

身も凍る怪奇の世界。「真冬の幽霊画展」が12/19まで銀座で開催中... 現代日本画家、池永康晟、岡本東子、中原亜梨沙、鈴木博雄、内田すずめの展覧会「真冬の幽霊画展」が銀座にあるぎゃらりい秋華洞で12/19まで開催されています。 身も凍る怪奇の世界を掛け軸や浮世絵など古今の作品群とともに紹介されます。 池永康晟は当サイトでも紹介させていただいた画家ですね。どん...
銭湯の富士山を絵画として堪能。銭湯絵師・丸山清人の個展が1/8より開催... 昔ながらの銭湯には大きな富士山の絵が描かれており、まるで露天風呂にいるような気分にさせてくれますね。まさに銭湯の名物の1つと言えます。 中野ブロードウェイ4FのアートギャラリーGALLERY リトルハイでは丸山清人個展「THE銭湯富士~伝説の背景画絵師~」が2016/1/8から1/18の期間で...
【傑作約10点】イタリアの天才画家カラヴァッジョの作品が上野に。立西洋美術館で「カラヴァッジョ展」が... 日伊国交樹立150周年記念にて国立西洋美術館では2016年3月1日(火)~2016年6月12日(日)の期間にイタリアが誇る天才画家ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571〜1610)の「カラヴァッジョ展」が開催されます。 38歳で没したカラヴァッジョ。現存する真筆は60点強と言わ...
世界初。画家ミュシャの晩年の巨大な傑作「スラヴ叙事詩」20点が公開... 六本木の国立新美術館で、2017年3月8日(水)から6月5日(月)までの期間にチェコの芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)の展覧会「ミュシャ展」が開催されます。 この展覧会ではミュシャが晩年の17年間をかけて描いた縦約6m、横約8mの20点の油彩画からなる「スラヴ叙事詩」が公開さ...
幽霊画が大集合。4年の歳月を経て「うらめしや~、冥途のみやげ」展が7/22より開催!!... 「うらめしや~、冥途のみやげ ―全生庵・三遊亭圓朝 幽霊画コレクションを中心に―」展が東京藝術大学大学美術館、地下2階展示室で開催されます。 幽霊画はとても人気で定期的に展覧会は開かれていますね。今回は東京、谷中にある全生庵に所蔵されている明治の噺家三遊亭圓朝ゆかりの幽霊画50幅が展示されます...
アルチンボルドの代表作・四季シリーズが日本初展示。国立西洋美術館で6月から開催!!... 上野公園内にある国立西洋美術館で2017年6月20日(火)〜9月24日(日)の期間に「アルチンボルド展」が開催されます。 ジュゼッペ・アルチンボルド(1527-1593年)は、果物や野菜、植物、魚介類などが密集した奇妙な肖像画を描く画家として知られていますね。ご存知の方も多いと思います。イタリ...
     

SNSで更新情報を配信中!!