応挙に若冲、松園など幻のコレクションが展示!福田美術館開館記念 福美コレクション展開催!


古来多くの貴族や文化人に愛され、芸術家たちがすぐれた作品を生み出す源泉となった嵯峨嵐山にて、福田美術館を2019年10月に開館することを記念して、「福美コレクション展」を開催いたします。

当館は「100年続く美術館」をコンセプトに、現代まで受け継がれてきた日本文化を次世代に伝え、さらなる発展へと繋がる美術館を目指します。福田美術館は、江戸時代から近代にかけての、主要な日本画家の作品で構成されるコレクション約1,500点を有しております。「たとえ美術に詳しくない方が見ても、感動を覚えるような」作品がコンセプト。中でも、京都画壇の作品には特に力を入れています。

江戸時代や近代の名画、さらに国内有数の竹久夢二コレクションという豪華さ。それらの中には、注目すべき初公開のもの、幻の作品が多数含まれます。

■応挙、若冲、松園、幻のコレクション 福美オールスターズ勢ぞろい

オープンを記念した開館展では、会期を1期・2期にわけ、ほぼ完全入替で、約80点の作品を公開いたします。俵屋宗達(生没年不詳)や尾形光琳(1658-1716)の琳派、狩野山楽(1559-1635)、狩野探幽(1602-1674)などの狩野派、円山応挙(1733-1795)、長沢芦雪(1754-1799)、呉春(1752-1811)などの円山四条派など江戸時代の絵画から、竹内栖鳳(1864-1942)、上村松園(1875-1949)など明治以降に活躍した画家たちの名品を一挙公開します。

■初公開!そして幻のコレクションが登場!

初公開の狩野探幽筆「雲龍図」や、約80年前に公開されたきり行方不明となっていた木島櫻谷「駅路之春」、橋本関雪「後醍醐帝」など、幻の大作は必見です。

■福田美術館について

2019年10月、京都屈指の観光地である嵯峨嵐山に、新名所「福田美術館」が開館します。
福田美術館は、「100年続く美術館」をコンセプトに、現代まで受け継がれてきた日本文化を次世代に伝え、さらなる発展へと繋がる美術館を目指します。
オーナーである福田吉孝は京都に生まれ育ち、そこで事業を興し、今日まで続けてまいりました。これまで支えていただいた地元の方々のご支援、そして京都という土地に対して、恩返しがしたいという熱い想いから、当美術館を設立する運びとなりました。
福田美術館の建つ場所は、古来より多くの貴族や文化人に愛され、芸術家たちがすぐれた作品を生み出す源泉となった嵯峨嵐山。今や日本国内だけでなく世界中から人々が訪れる観光地となっています。
この美しい自然とともに日本美術の名品を愉しんでいただくことで、嵐山が世界有数の文化発信地となることを願います。






開館記念展チラシ表

横山大観「富士図」 風 六曲一双 紙本着色(各171.5×386.2) 1939年






竹内栖鳳「金獅図」軸装 絹本着色(128×57)1906年

葛飾北斎「大天狗」軸装 絹本着色(73×30.8)1839年

俵屋宗達「益田家本 伊勢物語図 第二段『西の京』」 色紙 紙本着色(24.5×22.9) 17世紀






タイトル:開館記念 福美コレクション展

会期:1期 2019年10月1日(火)~11月18日(月) 2期 2019年11月20日(水)~2020年1月13日(月・祝)
開館時間:10:00~17:00(最終入館16:30)
休館日 :火曜(祝日の場合は翌日、10月1日は開館)、2019年12月30日~2020年1月1日
入館料 :一般・大学生…1,300(1,200)円高校生…700(600)円小中学生…400(300)円障がい者と介添人1名まで…700(600)円※()内は20名以上の団体料金※幼児無料
主催  :福田美術館、日本経済新聞社、京都新聞
※オンライン限定の、お得なチケットもご用意しています。【通常観覧券】一般・大学生1,300円→1,200円、高校生700円→600円、小中学生400円→300円、I期・II期通し券2,600円→2,000円。福田美術館ホームページより購入いただけます。

■建物について

福田美術館の建築は、伝統的な京町家のエッセンスを踏まえつつ、これからの100年のスタンダードとなるような新しい日本建築を志向しています。洗練された和モダンの外観デザインは、周辺の自然に違和感なく溶け込んでおり、また内観にも「蔵」をイメージした展示室、「縁側」のような廊下、「網代文様」から着想された壁面ガラスなど、随所に日本的な意匠が見られます。庭には大きな水盤があり、目前を流れる大堰川・桂川に連なる水鏡のごとく、嵐山を映し出します。
また美術館内には、この地のシンボルである渡月橋をもっとも美しく一望できるカフェが設けられました。

■美術館概要

名称:福田美術館 FUKUDA ART MUSEUM SAGA ARASHIYAMA
所在地:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16
敷地面積:1,982m2
延床面積:1,193.58m2 展示室1 151.2m2・展示室2 175.4m2・展示室3 64.5m2
交通アクセス:・JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩12分・阪急嵐山線「嵐山駅」下車、徒歩11分・嵐電(京福電鉄)「嵐山駅」下車、徒歩4分

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

「食事する姿」をテーマにした写真展「もぐもぐ展」を デザインフェスタギャラリー原宿で10月26、27... もぐもぐ展製作委員会は、グラビアアイドルの東雲(しののめ)うみさんをモデルとして、「食べ物、飲み物をもぐもぐすること」をテーマにした写真展「もぐもぐ展」を、デザインフェスタギャラリー原宿にて、2019年10月26日(土)、27日(日)に開催します。 これまでにない取り組みとして、展示写真のAR...
【展覧会】上村松園の代表作「序の舞」ほか、上村松園・上村松篁の母子2代の名作を一挙公開... 近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、2019年10月26日(土)から11月24日(日)まで、開館25周年を記念し、特別展「上村 松園」「上村 松篁」「『日本画の心』展 ~真善美を求めて~」を開催します。 松伯美術館は1994年(平成6年)に、上村家からの作品寄贈と近畿日本鉄道株式会...
【展覧会】可愛くて、ちょっぴりダークな不思議な世界。近未来(コンドウミク)の個展が中野で開催... 近 未来(コンドウ ミク)さんの個展「Alice in teeny slumber ~アリスのうたた寝~」が中野ブロードウェイ4Fにあるギャラリー リトルハイで2019年11月1日(金)~11月11日(月)(11月6日水曜休廊・12:00~19:00(最終日は17:00まで))の期間で開催されま...
【展覧会】「アート写真を身に纏って」 古着に作品を施して即売する写真展 若手フォトアーティストman... 2019年7月31日〜8月4日、大阪・江戶堀のギャラリー「BEATS GALLERAY」にて、若手フォトアーティスト manimanium(マニマニウム)の写真展「 nearly equal (ニアリーイコール)」を開催いたします。「手軽にアート写真を手にしてほしい」という想いから、同氏の人気作品...
【注目】2020年に向けてオリンピック・パラリンピックを振り返る!『Road to TOKYO!! ... 「東京2020オリンピック・パラリンピック」まであと1年を切り、いよいよ開幕が迫ってきました。 読売新聞社がこれまでに撮影した報道写真や号外、紙面のパネル約150点と、選手のユニホームや大会ポスターなど貴重な資料約130点で、東京1964大会からの各夏季大会を振り返る展覧会「Road to T...
【10月12日〜】齋藤芽生「斎藤芽生とフローラの神殿」目黒区美術館... 2019年10月12日より目黒区美術館で画家齋藤芽生さんの展覧会「齋藤芽生とフローラの神殿」が開催されます。緻密な描写で独創的な世界観を描き続けてきた齋藤芽生さんの初期作品含む約100点の作品が一堂に会します。 さらに齋藤芽生さんの作品に加え、植物図鑑の至宝と言われる19世紀「フローラの神殿」...
     

SNSで更新情報を配信中!!