ありがたい食べ物に・・・うまい棒に仏の顔を彫った芸術作品「うまい仏 Tasty Buddha」

岐阜県多治見市出身の現代美術作家で、アーティストの河地貢士(かわち こうし)の「うまい仏 Tasty Buddha」という作品をご紹介。海外でも多く紹介されたこの斬新な作品はあの誰もが食べたことのある駄菓子「うまい棒」に仏の顔を彫った芸術作品です。

1本数十円の駄菓子がなんともありがたいお姿に変身してしまいましたね。パッケージから覗く仏の顔にも要注目ですね。お地蔵様のような優しい柔和な表情をしていますね。展示風景もなんともありがたい。合掌したくなりますね。

この芸術作品一体、1本あたりいくらするのでしょうか?販売値は数十円ですが、凄く気になりますね。それにしても面白いことを考えるものですね。制作風景を撮影した動画もありますのでご覧下さい。うまい棒に描いている様子を見ることができますよ。











こちらは制作風景です。






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

空間にさりげなく溶け込んだ植物。草花をモチーフにした木彫作品があまりにリアルで繊細。... 彫刻家・須田悦弘さんの木彫作品をご紹介します。須田悦弘さんは植物をモチーフに木を彫り着色することでリアルなまるで本物のような彫刻作品を制作しています。 展示方法も独特で展示されている作品と思えないほど、何気なく会場に佇んでいます。それはまるで本物の植物のようです。 もちろん近くにはキャプ...
木製の家具や道具に骨格を彫刻したMaskull Lasserreの立体作品... カナダのアーティスト彫刻家Maskull Lasserre(マスカル・ラッセル)の制作した立体作品をご紹介。この彫刻家は木からできているベッドやドアの一部に細かい彫刻を施すアーティストです。 精巧に作られた骨格は日常に潜む「死」を表現しているように思えます。彫られた物と現れる骨格の関係性を考え...
「死」の象徴。頭蓋骨をモチーフにした現代アート作品まとめ... これらの作品は「死」の象徴である頭蓋骨をモチーフにした現代アートです。アートや芸術の世界だけでなく「生」と「死」を創作活動のテーマとすることは世界でもとてもポピュラーな手法ですね。現代アートの世界でも多くの有名なアーティストが頭蓋骨というモチーフを通じて「生」と「死」を表現しています。どのような素材...
電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
装着したら楽しそう!?耳に耳のイヤリング、指に指の指輪が斬新... ベルリンのアーティストNadja Buttendorfの発想がかなり奇想天外で面白いです。 以下は耳の形、デザインをしたシリコンで作られているイヤリング「Yes, it's a real EARring!」と、指の形、デザインをした、こちらも素材がシリコンの「Fingerring」です。 シ...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る