【閲覧注意】路上で死んだ動物の死骸を使って作られたファッション小物

ロサンゼルス・カリフォルニアで生まれたアクセサリーデザイナーのReid Peppardが制作した作品をご紹介します。こちらの作品群は路上で車にはねられて死んだ動物を使ってファッションアクセサリーを作ったシリーズです。

ネズミやカラス、キツネなどの様々な動物の死骸がコインケース、ハンドバッグなどのアクセサリーの素材になっています。

動物達の表情がちょっと怖いのは事故にあったためでしょうか?とても複雑な気分にさせられますね。多少ショッキングかもしれませんので耐性のない方はご遠慮下さい。

Reid Peppard






©Reid Peppard
©Reid Peppard






©Reid Peppard
©Reid Peppard






 
 
 

2013年3月8日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【BEST20】H・R・ギーガーの手掛けたアルバムワーク... 映画「エイリアン」のクリチャーデザインを手がけたスイスのクールで生まれた画家でイラストレーターのH・R・ギーガー(1940-2014)はグロテスクでエロティックな作品を制作することでとても有名なアーティストですね。過去に当サイトで紹介している作品をご覧ください。以下。 ・H・R・ギーガーの特異...
飛び出した肉片を連想させる。動物の剥製を使ったグロテスクなアート作品... トロント在住のアーティストRebecca Fin Simonettiの立体作品です。 奇形やキメラを思わせる剥製の他にポリマークレイ(樹脂粘土)や革などが素材として使われています。剥製の足下や体に付いているものは肉片や生皮を連想させますね。問題を投げかけるような意図や社会的なテーマ、抗議などは...
芸術的再構成。骨を3Dプリンターで印刷して美しく組み上げた不気味な美しさを持つ作品... チェコのアーティストMonika Horcicovaの立体作品をご紹介します。3Dプリンターを使って骨を印刷し車輪や奇妙なパターンに再構成しています。 骨を円で組み上げる意味や手ではなく脚を選んだ理由がこの作品のコンセプトになっているように見えますね。多少不気味に感じますが規則的に並べられた骨...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
【乙女デコ】大正ロマン溢れるアール・デコスタイル。小林かいちの花開いた絵葉書が素敵... こちらは小林かいち(1896-1968)の作品群です。小林かいち(本名:小林嘉一郎)は主に木版絵師、図案家として大正後期から昭和初期に絵葉書や絵封筒などのデザインを多く手掛けました。京都を活動の拠点としており情緒溢れる風景や物憂げな女性たちを描いています。 当時若い女性を中心に人気があった...
【江戸〜明治】感染症への注意や健康を促す浮世絵・啓蒙ポスター集... カリフォルニア大学サンフランシスコ校に保管されている健康を促すポスターをご紹介します。 これらは江戸〜明治時代初期に制作された木版画です。病気に対する予防法などがこのようなビジュアルで浮世絵として伝えられていたことが興味深いですね。 当時は普通なのかもしれませんが、現在見るとユーモアと機...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る