これ欲しい!!マリオの形をした完成度の高いカスタム・ギター「Custom Super Mario Guitar」

20年以上カスタムギターを製作しているgeekdによって作られたマリオのカスタム・ギターをご紹介。このギターはかなり巧妙に作られており、各部分の装飾はエアブラシで処理してあります。ギターとしてもちゃんと演奏ができるそうです。ネックのキノコが気が利いてます。これでスーパーマリオのテーマソングを弾いたらテンションMAXでしょうね(笑)

アンディ・ウォーホルの代表作「32 Campbell’s Soup Cans」の50周年を記念してウォーホル仕様で発売開始!

ウォーホルが「32 Campbell’s Soup Cans」を制作したのが1962年。あのカラフルなシルクスクリーンが実際のキャンベル缶で発売されるのですから楽しみですね!日本で発売されるかどうかはまだわかりませんが、是非発売して欲しいですね!

まさに超人技。両手を失った中国人アーティストが描く水墨画

Huang Guofuという中国のアーティストをご紹介します。
彼はわずか4歳のときにひどい事故で彼の両腕を失い、そして病気の父親の治療費を稼ぐために12歳の時に足で絵を描き始めました。初めは、街の通りで売り始め、人々は哀れみからそれらを買いましたが、しだいに彼の作品の評価が高まり、今や高値で取引されています。

キーボードアート。数多のキーを使って作られた有名人のモザイク画

オーストラリア人のアーティストWorkByKnightの作品をご紹介。まるでモザイク画のようなこの有名人のポートレイト群はキーボードのキーをバラバラにして再構築され作られています。またこのアーティストはボタンなども使い作品制作しています。一体どれだけのキーボードを使っているのでしょうか?それにしてもナイスアイデアですね。

痛々しい姿。激戦後、ボロボロになったロックマンをオブジェにした作品

Donald Kennedy というアーティストの作品をご紹介。男の子ならロックマンは子供の頃によく遊んだ馴染み深いゲームなのではないでしょうか?そのロックマンが戦闘後かのような姿をしたオブジェがこれです。このアーティストはピカチュウとチューバッカを組合わせたオブジェなどを制作する有名なアーティストです。

これは行ってみたい!水槽アートで美しい金魚を楽しむアート・ナイトアクアリウム展が開催!

アートアクアリウム展&ナイトアクアリウムという展覧会のご紹介。この展覧会は8月17日(金)~9月24日(月)まで日本橋三井ホールで開催されています。
以下の画像を見てもらったらわかるように多面体の水槽や巨大な金魚鉢、水中四季絵巻など、とても変わった形状の水槽アートで美しい金魚達が泳いでいます。
金魚も和金、出目金、流金などのなじみ深い金魚から地金・土佐金・ナンキンといった高級金魚まで見ることができます。美しさと最新の演出技術とのコラボレーションを心ゆくまで堪能できるでしょう!まさに真夏に相応しいとても涼しげな展覧会ですね!

ふで無双バナー

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る