胎児を3Dプリントするサービス

胎児のエコー写真を見て感動するお父さん達はいらっしゃるのではないでしょうか。私も初めてエコー写真を見たときは凄く感動したものです。最新の技術ではエコー写真ではなく、子宮内の胎児を実寸で3Dでプリンターでするサービスが日本やアメリカなどで行われているそうです。以前ご紹介した3Dプリンターを使って作品を作るアーティストなど、アート業界だけではなく様々な分野で多大な影響を与えているようです。
日本では費用10万円でアクリル樹脂で成型された胎児の3次元のオブジェクトを提供しています。以下の画像。

【鉛筆デッサン】オシャレな[イケメン男子]の後ろ姿を鉛筆で描いた絵画作品

Brian Boultonというアーティストの作品をご紹介。これらの作品はグラファイト鉛筆を使って描かれておりかなりリアルに描写がされています。あえて顔を見せない構図を選んでおり、皆さん後ろ姿だけでもかなりのイケメンぷりが伺えますね。このアーティストはフォトリアリズムの技法を使って様々なものを超描写的に描くことを得意としているアーティストです。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る