統合失調症を発症したLouis Wain(ルイス・ウェイン)の作品変遷が凄まじい

統合失調症を発症したイギリス人イラストレーター、Louis Wain ルイス・ウェイン (1860〜1939)さん作品をご紹介します。このイラストレーターは猫をモチーフに生涯多くのイラスト作品を残しています。統合失調症を発症する以前は擬人化された猫を描いており、児童書の挿絵を執筆し、新聞、専門誌、雑誌と様々な場所で作品が掲載されました。上の作品はLouis Wainの特徴とも言える全盛期の作品です。晩年は言動や行動から精神病院に隔離されました。その後、病院に移送され死去するまでの9年間を数匹の猫が飼育されていた病院で過ごしました。

【薬物】芸術家が実験台に。LSDを投与しながら描いた絵の結果が興味深い

これらの9つのドローイングはある芸術家がLSDの影響下で描いた変化の過程です。1950代にアメリカで行われた実験でとても興味深い結果が得られています。多サイトで少女がLSDを摂取した際の自画像の変化もも話題になっていたいましたね。こちら→幻覚剤LSDをキメた女性が数時間おきに描いた自画像がヤバい。このドローイングはある芸術家が描いたという所が他の結果と違う所ですかね。薬物って本当に怖いですね。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る