【アール・ブリュット】チェコのアウトサイダーアーティストLubos Plnyが描く解剖図的抽象絵画

「アール・ブリュット」とは生の芸術、アウトサイダー・アート(特に芸術の伝統的な訓練を受けておらず、名声を目指すでもなく、既成の芸術の流派や傾向・モードに一切とらわれることなく自然に表現した作品のこと wiki)のことです。Lubos Plny(ルボシュ・プル二ー)(1932-2003)さんは解剖図のような絵を多く残しています。幼少より解剖や死体に興味があり、人間や動物の死体解剖を見学していたそうです。これらの作品にはペンの他に血液や毛髪、皮膚などを直接使っています。画像では分かりにくいですが、細かく数字や言葉が描かれています。

フワフワな内臓。毛糸で表現されたカエルの解剖は結構可愛い!?

一昔前はカエルやネズミ、魚などの小動物を解剖を理科の実験は一般的だったそうですが、現在ではごく一部の学校でしか行っていないらしいようです。EtsyショップaKNITomyで、Emily Stonekingさんはその小動物を解剖する様子をオブジェ化し販売しています。結構グロテスクなのもを想像していたのですが、結構、可愛かったので驚き。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る