アメリカの画家ジャクソン・ポロックはご存知の方も多いはずです。去年、日本でも大きな回顧展が開かれ話題を呼びましたね。ジャクソン・ポロックの描く絵画はアクション・ペインティングという画法で呼ばれています。キャンバスを床に置き、刷毛などで塗料を滴らせる方法(ドリッピング)ですね。「これなら描ける!」と思えますが、配色や構図などを絶妙にコントロールされており、簡単に描けるものではありませんね。

続きを読む