【話題】青線を使った3Dドローイング。15歳のアーティストが描いたキャラクター達が超立体的

15歳のJoão A. Carvalho(ジョアン・カルバリョ)さんがノートに描いたキャラクターがとても話題になっています。青いラインを鉛筆で描いたキャラクターに立体的に書き足すことによってまるでノートの上にキャラクターの立体物があるように見えます。

まるでレントゲン写真!?古今東西の様々なキャラクターの骨格を描いたドローイング「X-ray Serie」

フランスのイラストレーターChris Pandaさんのドローイング作品をご紹介します。セラームーンやドナルド、アリスにスパイダーマン。様々なキャラクターの骨格がそのキャラクターの中に描かれています。これは面白いですね。

漫画家メビウスがデザインを担当した未完の伝説的映画「DUNE」のキャラクター画とストーリーボード

カルト映画の鬼才アレハンドロ・ホドロフスキー監督23年ぶりの最新作「リアリティのダンス」が2014年公開!で紹介したアレハンドロ・ホドロフスキー監督によるSF映画「DUNE」でフランスの漫画家ジャン・ジロー(メビウス)(1938〜2012年)がキャラクターのデザインを担当していました。ジャン・ジローはこの映画の為に多くのデザイン画とストーリーボードを残しています。その「DUNE」の登場人物を描いたキャラクターのデザイン画をご紹介します。どうして制作されなかったのか疑問に思えるほどキャラクターのデザインを見るだけでも期待ができます。結局、配給会社が見つからず制作は中断されました。勿体ないですね。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る