人形のマスクが酷く不気味。人間の真似事をさせられた猿が路上で物乞いをしている写真

フィンランドの写真家Perttu Saskaさんの作品をご紹介します。これらの写真はインドネシアのジャカルタで撮影されたものです。ジャカルタのスラム街に住む人々はスマトラ島の森から猿を袋に詰めて連れ出し、路上で大道芸を披露する為に1ヶ月間、鎖で前足を付かないように繋いだり、後ろに手を回し縛ったりするなどの訓練を行っています。訓練させられた猿は路上で人間の衣服を着させて、人形のお面を被り大道芸をして披露しています。その見せ物としてチップをもらい生活する人々がいます。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る