スケッチブックの中にいるみたい。子どもの落書きのような家具が素晴らしい

こちらは府川大吾さんの「ラフスケッチ プロダクト」という作品です。線のように見えるのは実際座ることのできる椅子などで、太い針金で作られています。「藝大アーツイン 東京丸の内 2013」で展示された作品です。上の画像を見ると白いスケッチブックの中に描かれた線のようで美しいですね。素晴らしいアイデアです。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る