【擬人化】最高の被写体。100年以上前に撮影されたネコ達が愛くるしい

Harry Whittier Frees(1879-1953)さんは服を着させたり擬人化させた猫の写真を撮影した第1人者としてとても有名な方です。主にポストカードと児童書などに使われていたようで1900年頃から活躍していました。今から100年以上も前ですから白黒の写真ではありますが、服を着させられた猫達の愛くるしい表情や姿は今も廃れることはありません。ネットや書籍の写真集ではカラーがほとんどですから逆に新鮮でもありますね。Harry Whittier Freesさんも言っている通り猫は動物の中で最高の被写体なのかもしれません。写真を見ると頷けます。

猫白血病を患うフムスちゃんのドレスアップ・ポートレイト集「Cat Couture」

アイルランドのフォトグラファーJason Mc Groartyさんは飼い猫「フムス」ちゃんのポートレイトを撮影しました。「フムス」ちゃんは猫にしか感染しない猫固有のウイルス、猫白血病ウイルスにかかっており、ウイルスを拡散する可能性があるため外で遊ぶことのできません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る