展覧会

渾身の力作約30点。日本の伝統美を描く日本画家・智内兄助の展覧会が大阪で開催

以前、当サイトでもご紹介した日本画家・智内兄助(ちないきょうすけ)さんの個展が大阪のギャルリーためなで開催されます。和紙にアクリル絵具で描くという独特の技法で日本の伝統的な模様や花鳥風月の世界を作り出しています。開催期間は3/13(金)〜4/12(日)となっており、作家来廊レセプションが3/12(木)の17:00〜19:00です。

続きを読む

挿絵原画全29点が展示。泉鏡花×山本タカト「草迷宮」が新宿の紀伊國屋書店で2/6から開催

イラストレーターの山本タカトさんの新刊「草迷宮」の挿絵29点と新作の「身毒丸」、ポストカードになった絵柄7点が展示されます。新刊である「草迷宮」は以前紹介しましたね。(山本タカトが挿絵を担当した泉鏡花の特装版「草迷宮」が11月上旬発売予定!!)

続きを読む

ロサンゼルスカウンティー美術館で鎧や兜、武具などを紹介する展覧会

ロサンゼルスにあるのロサンゼルスカウンティー美術館(Los Angeles County Museum of Art)、通称ラクマ(LACMA)で「Samurai: Japanese Armor from the Ann and Gabriel Barbier-Mueller Collection」という日本の侍の鎧や兜、武具などを紹介する展覧会が2/1まで開催されています。日本語にすると「侍:バービー・ミューラーコレクションによる日本の鎧展」となるのでしょうか。これらはテキサス州のバービー・ミューラー夫妻によるコレクションで1000点以上が展示され、この展示で終了するそうです。なんとも残念。日本でも見てみたいですね。

続きを読む

「レオナルド・ダ・ヴィンチと『アンギアーリの戦い』展」は見逃せない!!

2015年5月26日(火)〜8月9日(日)の期間に八王子市にある東京富士美術館で開催される「レオナルド・ダ・ヴィンチと『アンギアーリの戦い』展」は注目の展覧会です。フィレンツェ政庁舎に描かれたレオナルド・ダ・ヴィンチの「アンギアーリの戦い」は今も多くの謎と痕跡を残す未完の大壁画作品です。その「アンギアーリの戦い」の下絵ではないかと言われているウフィツィ美術館に所蔵されている作品が来日します。

続きを読む

「アートアクアリウム展」が阪急うめだホールで開催

和をモチーフにデザインされた水槽と光・映像など、最新の演出技術が融合した水中アートの展覧会「アートアクアリウム展 ~大阪・金魚の艶~」が大阪は阪急うめだホールで2015年1月9日(金)~2015年3月2日(月)の期間で開催されます。今年のアートアクアリウム展のスタートは大阪、梅田です。開催テーマは、「~大阪・金魚の艶~」、超大作「大奥」や「ビョウブリウムⅡ」、金魚シリーズでは禁じ手となっていた、クラゲを使った人気作「スペースジェリウム」など西日本初登場となる新作が用意されています。

続きを読む

10/14から日本画家・栗原永輔の個展「炎」がギャラリーKINGYOにて開催

10/14(火)〜10/19(日)の期間で日本画家・栗原永輔さんの個展「炎」が文京区の千駄木にあるギャラリーKINGYOにて5年ぶりに開催されます。下の作品は今回の展覧会のDMにもなっている「狂瀾怒濤(It rages. )」という作品です。渦巻く黄色い線光は火花のようで怒り狂った龍の迫力を伝えます。制作期間2年をようした120号(194.0×112.0cm)の大作です。生で見てみたい作品ですね。この「狂瀾怒濤(It rages. )」を含む120号の大作3つを中心とした展覧会となっています。
続きを読む