廃墟と化した精神病院の内部を撮影したJeremyHARRISの写真作品

ブルックリンを拠点に活動する写真家JEREMY HARRISの「American Asylums」という写真シリーズをご紹介します。こちらのシリーズは廃墟と化した精神病院の内部を撮影した写真シリーズです。壁の爪跡やボロボロになった壁や落書きなど荒廃的な屋内が撮影されています。昼間ならまだいいですが、夜になることを考えただけでゾッとしてしまいますね。ではご覧下さい!

ゴーストタウンと化したニッチツ鉱山村。当時の生活を垣間みれる廃墟の室内写真

アートディレクターRiccardo Parentiさんの撮影した秩父にあるニッチツ鉱山村の集落廃墟の写真をご紹介します。ニッチツ鉱山は1960年代には3000人を超える従業員を抱えていましたが、1978年には金属採掘を中止するとともに下火となり、その後、鉱山夫が暮らしていた村は廃村になりました。現在でも稼働はしており、石灰石を採掘しています。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る