現代アート

伝説的作品。「ハンガリー国にハンガリ(半刈り)で行く」は今見てもかなりカッコいい

美術家榎忠(えのき ちゅう)さんの作品の「ハンガリー国へハンガリで行く」をご紹介します。なんと1977年の作品です。
この「ハンガリー国へハンガリで行く」とは、美術家榎忠さんが頭部の毛を半分だけ刈った状態(半刈り)でハンガリーに行くというとんでもないプロジェクトです。実際、榎さんは半刈り状態でハンガリーまで行っています。本当に凄い。移動の際、チェコでは入国を拒否され、常に警戒されたそうです。旅の間、パスポートの写真と実際の顔が違って見えたりするなど苦難の連発。実際に行った画像がないので残念ですが本当にハンガリーに行っています。なのに、この廃れなさは半端ではないです。この発想を実行して芸術作品にまで高めた榎さんの力量と行動力には驚きです。

続きを読む