芸術

飛び出した肉片を連想させる。動物の剥製を使ったグロテスクなアート作品

トロント在住のアーティストRebecca Fin Simonettiさんの立体作品です。奇形やキメラを思わせる剥製の他にポリマークレイ(樹脂粘土)や革などが素材として使われています。剥製の足下や体に付いているものは肉片や生皮を連想させますね。問題を投げかけるような意図や社会的なテーマ、抗議などは含まれておらず、アーティスト自身の内的世界を表現しているそうです。確かに残酷さは多少なりとも、感じるものの作品自体にファンタジーっぽさがあるように思えますね。

続きを読む

電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」

ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianさんの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストが制作している点も意外です。

続きを読む

自然の中で生きるインドネシアの村人たちの日常生活を捉えた写真

ジャカルタに拠点に活動するフォトグラファーHerman Damar(ハーマン ダマール)さんの写真をご紹介します。インドネシアの魅力的な島々を訪れ村人たちの日常生活を捉えています。木漏れ日がスポットタイトのような演出をしていて絵画のようなドラマティックな空間が切り取られています。

続きを読む

サングラスの映り込みを描いた超リアルな絵画作品シリーズ「Reflections」

Simon Hennesseyの超リアルな絵画作品をご紹介します。ただでさえ、眼鏡やサングラスをかけている人物は描きにくいのに、このアーティストはそれが描きたいが為に目とサングラスに接近してリアルに描いています。とても気概を感じる作品ですね。また、サングラスには有名な建物や風景が写り込んでおり、だいたいどこにいるのかがわかるようになっています。

続きを読む