芸術

ジャクソン・ポロックのアトリエを撮影した写真

アメリカの画家ジャクソン・ポロックはご存知の方も多いはずです。去年、日本でも大きな回顧展が開かれ話題を呼びましたね。ジャクソン・ポロックの描く絵画はアクション・ペインティングという画法で呼ばれています。キャンバスを床に置き、刷毛などで塗料を滴らせる方法(ドリッピング)ですね。「これなら描ける!」と思えますが、配色や構図などを絶妙にコントロールされており、簡単に描けるものではありませんね。

続きを読む

こんな使い方があるなんて・・・はんだ付けアートが予想以上の美しさで驚き

「はんだ付けアートの世界」というサイトではんだを使った立体作品が掲載されています。「はんだ」というのは学校で習う銀色の鉛とスズを主成分とした合金のことです。誰もが経験したことがあるのではないでしょうか?金属同士を接合したり基板に固定するなどで使われていますね。この「はんだ」を使って虫や動物の形を造形しています。

続きを読む