これは鳥肌・・・3D化されたフラクタルアートがとんでもなく美しい

この作品は3DフラクタルアーティストTom Beddardによって作られました。フラクタルアート言えば幾何学的な模様や図形が繰り返される複雑な絵や画像ですが、こちらの作品は超立体的なフラクタルアートになっています。まるで宝石のような美しい作品です。このゾワゾワ感!!堪りません!!ではご覧下さい!!

【まとめ】ファンタスティック!信じられないほど立体的な3Dドローイング

Ramon Bruin、Nagai Hideyuki、Fredoの3名のアーティストをご紹介。とても作風が似ているので3Dドローイングを作るアーティストとして一括りにしてみました。似てはいるものの3名とも素晴らしいドローイング作品でそれぞれの個性が際立っています。

これは驚き!!3Dドローイングアーティストの新作が目を疑うレベル

オランダのアーティストRamon Bruinさんの最新の3Dドローイングが目を疑うほど立体的に見えます。instagramにその最新作を多く投稿しています。以前紹介したRamon Bruinさんの記事はこちら⇒⇒⇒【まとめ】ファンタスティック!信じられないほど立体的な3Dドローイング
初期の作品から比べるかなり上達していることもわかりますね。アメージング!!!

可能性広がる!!3Dプリンターを使ってグラフィティアートを立体化

3DデザイナーNormally Benさんはストリートアートを3Dプリントし立体化しました。路上や地下鉄に描かれたグラフィティをデータ化し出力しています。大きく派手なグラフィティが手のひらに収まるサイズになって眺めるのはとても新鮮でしょうね。アクセサリーやオブジェとして考えるととてもいいかもしれません。それにしてもやはり3Dプリンターは可能性を広げてくれますね。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る